ようこそ まきのはへ   あったかい深蒸し茶でひと息つきませんか?

牧之原が誇る牧之原茶のブランドサイト
トップページ > お茶の深~いい話
お茶の深~いい話
 
 

おいしいお茶のいれ方


 一般的に知られている、おいしい深蒸し茶のいれ方をご紹介します。
 


koumoku_top
koumoku_le
その1:水を選ぶ
水を選ぶ
line_d_gray

ご飯を炊くのと同じように、産地で使われている水でお茶を入れるのが一番だと言われています。現代社会の上水道事情ではそれは無理(産地であっても)ですので、硬度の低い、軟水のミネラルウォーターを使いましょう。

 ポイント:軟水のミネラルウォーターを用意しましょう
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その2:お湯を沸かす
お湯を沸かす
line_d_gray

やかんを火にかけてお湯を沸かします。
水道水を使う場合は、沸騰してからふたを外し、さらに3分程度火にかけてください。
お湯が沸き上がったら、そのままにして、お湯を冷ましていきましょう。

 ポイント:最高のお湯をわかすなら、鉄瓶(南部鉄瓶)がおススメ!
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その3:茶葉を用意する
茶葉を用意する
line_d_gray

お茶を飲む人数に合わせて、お茶の葉を用意します。
約150ccのお湯に対し、1人につき3~5gです。1,2人のときは1人当たり5g、3人以上は1人当たり3,4gが適量でしょう。

 ポイント:お湯の量にあわせて茶葉の量を調整しましょう
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その4:湯呑みにお湯を注ぎ分ける
湯呑みにお湯を注ぎ分ける
line_d_gray

冷ましたお湯を直接急須に注がず、まずは、人数分の湯呑にお湯を注ぎ分けましょう。お湯の量は、お湯を注いだ時にお茶の葉がお湯を吸って減ってしまいますので、湯呑の適量よりも多少多めにしてください。

 ポイント:お湯の温度はお湯を入れた湯呑みを触ってじっくり熱く感じる程度がよいでしょう。
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その5:待つ
待つ
line_d_gray

急須にお茶の葉を入れて、お湯を注ぎます。
お湯を注いだら、急須にふたをして静かに30秒程度待ちます。

 ポイント:待つ事でお茶の葉が広がり、風味が増します。
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その6:お茶を注ぐ
お茶を注ぐ
line_d_gray

時間になったら、色、味、量を均一にするために、”廻し注ぎ”という作法で少しずつ、湯呑に注ぎ分けます。絞り出した一滴にうまみが凝縮されていますので、最後の一滴まで注ぎ分けてください。

 ポイント:お茶の葉にしみ込んだお湯を絞り出すように!
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その7:二煎目を頂くために
二煎目を頂くために
line_d_gray

二煎目をおいしくいただくために、絞り終わったお茶が蒸れてしまわないように急須を軽く叩いてほぐし、ふたを少しずらして置いておきます。

 ポイント:ふたを少しずらすことで、お茶の蒸れを防ぎます。
koumoku_ri
koumoku_bot
 次の工程へ
 
koumoku_top
koumoku_le
その8:頂きます
頂きます
line_d_gray

今までと違ったお茶の世界に入り込めるかもしれません。
ゆっくり、おいしくいただきましょう。
二煎目は急須にお湯を入れた後、時間をおかずにさっと湯呑に注いでください。

 ポイント:二煎目は先ほどより少し熱めのお湯を注ぐと違った風味を楽しめます。
koumoku_ri
koumoku_bot


よいお茶を選びましょう


 よいお茶といっても、日本中に多くの産地があり、そこには多くの製造工場と茶匠がいます。

お茶は製造工場ごと、茶匠の合組ごと、一つ一つ違うといっても過言ではありません。
また、飲む側にたって考えれば、その人にとって口に合うお茶がよいお茶であることは言うまでもありません。ということは、値段が高いからと言ってよいお茶とは限らないということです。

実は、お茶は嗜好品であるということはもとより、芸術品であるということを忘れてはいけません。
毎年、全国各地で行われている品評会では、まずは外観から審査されます。要するに、見た目のよいお茶は、よい原料から作られていて出来がいいという考え方です。

では、
”まきのは”のお茶はといいますと、私たちが自信を持ってお届けできることには違いありませんが、すべてのお客様のお口に合う保証はありません。
できることなら、すべてのお客様に喜んでいただきたいと思っています。




e-shopとShop-Bellについてはネットコンビニ決算はご利用できません。

ページの先頭へ戻る

グリーンアーチ

〒421-0501 静岡県牧之原市東萩間2065
TEL/FAX 0548-27-2651